BLOG

ブログ

症例 良性発作性頭位めまい症

「歳を重ねると、体が思うように動かなくなって、嫌になってしまう」

臨床を行なっていると、

患者様からよく発せられるフレーズの一つです。

食生活が豊かになり、医学も発達したとはいえ

完全に老化を食い止めることはできません。

なにも病気にならず、

ポックリと逝ければ幸せなのですが、

なかなかそうもいきません。

高血圧や糖尿病のような生活習慣病は

ある程度、予防することはできるかもしれませんが、

癌やリウマチのよう自己免疫疾患などに至っては

予測不能です。

話がだいぶ脱線してしまいましたが、

歳を重ねると、なんかしら身体に

影響が出てくるのは致し方なく、

特に自身の弱い部分にダメージが出やすくなります。

今回の症例は年齢と共に、もともと弱い三半規管が衰えて

頭位性めまいを発症した方についてです。


80代 男性 7月来店

5〜6月にかけて、3回フラついて転倒しました。

聴力も衰えてきて3年前から補聴器を付けています。

フラつく時は回転性のめまいではなくフワッとする感じで、

いずれも頭や身体を動かした時に生じます。

病院で検査をしましたが、脳には異常がなく、

頭位性のめまいとして診断を受けます。

40歳の頃にメニエール病を発症したことがあり、

ひどい回転性のめまいに苦しんだようでしたが、

今は落ち着いている様子です。

小柄な体型ながらも、

毎日ウォーキングを欠かさず、

糖尿病のため、食事制限もきっちりと行っています。

毎日6時間眠っていますが、

夜中にトイレで3回目覚めてしまうのも気になります。

初めは低血糖によるフラつきを考えましたが、

本人は低血糖の時とは違う感じだということで、

治療を開始します。

漢方治療する上で

取り立てて大きな問題はないのであるが、

やはり冒頭にあるように、

「歳をとると、、、」

というところは無視できない部分です。

身体全体のバランスを整える漢方薬をお出ししますが、

最初の1週間は変化はありません。

それどころか一度激しい目眩が起きてしまいます。

話を聞いてみると、前日に夜更かしをしていたとのことで、

いつもとは違う目眩であり、

これは漢方薬の影響ではないと判断しました。

さらに2週間服用したところ、

めまいは綺麗さっぱり起こらなくなり、

同時に夜間の排尿も3回→0〜1回になり、

非常に喜ばれました。

「身体全体の調子がいいようだ」

と嬉しそうに仰っているのがとても嬉しく思います。

関連記事一覧