漢方薬について

1 漢方とは

1-1 漢方とは中国の医学?

漢方は中国のものと思っている方もいるかもしれません。確かに、漢方の起源は中国の伝統医学になります。しかし、漢方は中国から伝わった医学を日本独自に発展させた日本の医学です。漢方と名付けられたのは、江戸時代末期に西洋医学が日本に入ったときに「蘭方(らんぽう)」と名付けられ、それに対する形で日本特有の医学を漢方と呼ぶようになりました。日本の自然環境や日本人の体質に合わせて、漢方は形成されてきました。

1-2 漢方と漢方薬の関係性

漢方とは「漢(中国)方(治療法)」を意味しており、漢方薬だけではありません。鍼灸、食治(食養生)、按摩(東洋医学のマッサージ)、導引(体操療法、呼吸療法)なども漢方になります。これより、漢方は薬や鍼などで病気を治療するだけでなく、病気を未然に防ぐ「未病(みびょう)」の考え方もあり、現代にも通ずる養生としての役割もあります。

1-3 西洋医学と漢方の違い

西洋医学も漢方も同じ医学なのですが、下に示すように病気の考え方や治療法が異なっております。

西洋医学漢方
  1. 病気を診る
  2. 細部をみる
  3. 科学的
  1. 人を診る
  2. 全体をみる
  3. 自然哲学的

 

一般的に西洋医学は検査によって、身体の細部をくまなく調べて病気を特定したり、手術によって病気そのものを治すことに長けています。それゆえ、西洋医学は現代医療の中心となり得ています。しかし、身体に不快感があっても検査で異常が見つからない場合、西洋医学では病気として見做されず、改善が難しいこともあります。その点、漢方は病気だけではなく、病人自身に着目し治療を行うため、病名がつかないような不定愁訴に対してもアプローチができます。これが言わば、漢方が体質改善と言われるゆえんです。このように両者の考え方は異なっております。そのため、もし病院で治療(西洋医学)をして改善が見られない場合でも、漢方で改善されるケースもあり得ることになります。

1-4 漢方の体質改善とは

漢方の体質改善とは「中庸」にあります。例えば、暑がりの人は体に熱をたくさんもっている状態ですので、余分な熱を逃してあげる。反対に寒がりな人は体を温める漢方薬を使って、不足した熱を足してあげる。また、身体を潤す水分や血の量、身体の原動力であるエネルギーの量の過不足などがあれば、それを是正してあげる。このように、お一人お一人の何が足りていないか、また何が過剰なのかを現したものが「体質」と呼んで、そのバランスを整えて中庸へと導くことが「体質改善」になります。

2 漢方薬とは

2-1 漢方薬とはなにか

2-1-1 漢方薬は複数の生薬を組み合わせたもの

生薬とは自然界の植物、動物及び虫、鉱物などを薬物として利用しているものになります。古くは本草とも呼びます。生薬は主に植物の根、葉、花、果実を使うことが多いです。例えば、有名な葛根湯にはカッコン、マオウ、ケイヒ、ショウキョウ、カンゾウ、シャクヤク、ナツメの7種類の生薬(全部植物由来)で構成されています。

2-1-2 漢方薬は東洋医学の理論に基づいたもの

各生薬には固有の作用があり、生薬を組み合わせることで作用を増強させたり、副作用を緩和させたりすることができます。その組み合わせ方は東洋医学の理論に基づいて行われいます。例えば葛根湯は風邪などによく用いますが、以下のような組み合わせになっています。

  • 体温を上げてウイルスなどを追い出す

マオウ、ケイヒ、ショウキョウ

  • 体温を上げすぎないようにブレーキをかける

シャクヤク、タイソウ

  • 体力をあげる、胃腸の保護

ショウキョウ、タイソウ、カンゾウ

このように、それぞれの生薬は過不足なく絶妙なバランスで配合されています。ですので、やみくもに生薬の種類や量を増やせば必ずしも効き目が増強されるわけではありません。反って、相性の良くない生薬を使ってしまうと、効果が減弱したり、副作用を増強させてしまうことになるので注意が必要です。

2-2 漢方薬の種類

漢方薬には煎じ薬、粉薬、丸剤、錠剤、ドリンク剤など、さまざまな飲み薬がございます。漢方薬局 Basic Spaceでは煎じ薬とエキス剤を取り扱っております。本来の薬効を存分に引き出したいため、当薬局では煎じ薬をオススメしております。

decoction

煎じ薬

生薬をグツグツ煮出して、お茶のように服用する方法。漢方薬本来の薬効を出すことができます。

powder

粉薬

煎じ薬を加工して、粉状にしたもの。持ち運びに便利である反面、煎じ薬と比べて薬効が落ちる。

煎じ薬についての詳しい記事はこちらから。

2-3 漢方薬はどこで買うのがいいの?

漢方薬は、病院でもドラッグストアでも購入することができます。ですが、病院、ドラッグストア、漢方薬局で購入できる漢方薬にも違いがあります。これらについて、ご説明します。

2-3-1 病院の漢方薬の特徴

病院の漢方薬のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 保険適応(安い)
  • 対応できる漢方薬の種類が豊富

デメリット

  • 待ち時間が長い
  • 専門性にムラがある
  • 保険適応で煎じ薬を扱っているところが少ない

病院で処方いただける最大のメリットは、保険が適用されることでしょう。
*一部、自費診療を行なっている医療機関もありますので、受診される前にご確認ください。
漢方薬局やドラッグストアでは保険適用がないので、費用面で大きな差が出てきます。また、保険で処方が可能なエキス製剤(粉薬)も148処方と豊富にあるので、多様な病態に対応可能です。ですので、漢方薬を試してみたいと思っている方は最も優先度が高い選択になるでしょう。

ですが、当然デメリットもあります。漢方薬は全国の病院・クリニックで処方していただけますが、医療機関ごとにどれだけ漢方薬に力を入れているか、漢方に精通したお医者様がいるかによって、処方の運用の仕方が大きく異なります。もし、漢方薬を専門で扱っているところをお探しでしたら、漢方を専門にやられている病院やクリニックに行かれると的確な処方をしていただけるでしょう。ただし、漢方専門のクリニックは少ないため、予約が殺到して1〜2ヶ月ほど予約ができなかったり、診療の待ち時間が長かったり、診察時間が短くゆっくりとお話ができなかったりする場合もあります。また、保険適用のクリニックでは煎じ薬を扱っているところがさらに少なくなるので、処方の選択の幅が狭くなってしまうこともあります。

2-3-2 ドラッグストアの漢方薬の特徴

メリット

  • 手軽に買える
  • 知識があれば自分で選べる

デメリット

  • 取り扱いのある種類が限定的
  • 成分量が少ない
  • 自己判断により間違えてしまうこともある

ドラッグストアで漢方薬を買う最大のメリットは手軽さにあります。何より待ち時間もなく、料金も比較的安価で購入することができます。すでに、どの漢方薬を飲めば良いかわかっている方や漢方薬の知識がある方には最も活用しやすいでしょう。

デメリットとしては、取り扱いの数が少ないことです。ですので、ちょっとした病気には対応できますが、慢性的で症状が複雑になってくると対応できる漢方薬が見つからないこともあります。また、成分量が病院で処方されるものの2/3ほどしか含まれていません。ですので、病院で処方された漢方薬が効いていても、ドラッグストアの漢方薬では効果を感じられないこともありえます。例えば、葛根湯を病院で処方された場合とドラッグストアで買った葛根湯では成分量が異なっているため、効き目に差が出てくることもあります。

他のデメリットとしては、どうしても自己判断で購入しなければいけないので、間違った漢方薬を選んでしまうこともあるでしょう(そのため、間違いが起きても大丈夫なように、ドラッグストアの成分量が少なめになっているわけです)。ドラッグストアには薬剤師や登録販売者がいますので、相談してから、購入すると良いでしょう。

2-3-3 漢方薬局の漢方薬の特徴

メリット

  • 処方の数が最多
  • 煎じ薬を扱える
  • ゆっくり時間をかけてカウンセリングしてもらえる

デメリット

  • 料金が高め
  • お店が少ない
  • 怪しい???

漢方薬局もドラッグストアと同じく薬局の部類になります。ドラッグストアとの違いは漢方薬だけを扱っているか、それ以外の商品も取り扱っているのかの違いになります。漢方薬局は店舗にもよりますが、病院で処方されるエキス製剤(粉薬)のみならず、錠剤、丸剤、ドリンク剤、煎じ薬、塗り薬など、多数の種類を取り扱えます。それゆえ、取り扱える処方の数も300種類近くと最も多いため、きめ細やかな症状に対応ができます。また、ゆっくりと時間をかけてカウンセリングをしてもらえるところもあるので、患者様の体質に沿った処方をご提案してもらえたり、養生方法なども丁寧に説明していただける場合もあります。

ですが、漢方薬局で購入したものはドラッグストア同様に保険適用にはならないので、病院よりも費用は高めになります。費用は自費になる為、おおよそ1ヶ月あたり、数千円〜5万円くらいと店舗によって大きく異なっています。あらかじめ予算を決めておいたり、料金が明確になっているところを探すと、予想外の出費を免れることができます。また、漢方薬局はなんだか怪しい雰囲気で入りづらいイメージがあり、敷居が高く敬遠されがちなところもデメリットになりうるかもしれません。

ドラッグストアや漢方薬局で購入した商品は、保険適用されませんが、購入目的によっては医療費控除の対象となることもあります。
詳しくは国税庁のホームページをご参照ください。

2-3-4 それぞれの特徴のまとめ

漢方薬は病院やドラッグストア、最近ではネット通販でも購入できます。それぞれに長所と短所がありますので、ご自身の利用の目的に応じてご活用ください。

病院

保険適用(一部、自由診療の病院もある)となる。漢方専門のクリニックに通院できる方にオススメ。

ドラッグストア

手軽に購入できる。すでに、自分に合っている漢方薬を見つけられている方にオススメ。

漢方薬局

豊富な種類の漢方薬を取り扱っている。色々試したけど改善されない方、ゆっくりとお話を聞いてもらいたい方向け。

症状に合わせて効果的な改善が目指せる漢方薬を三鷹駅前の漢方薬局で処方いたします

当店は三鷹駅から徒歩10分程で夜19時まで営業しており、お忙しい方も会社帰りに安心してお越しいただけます。風邪気味だけれどお仕事が休めない、長く冷え性や頭痛、生理痛などに悩まされているという方もお気軽にご相談ください。
漢方薬局 Basic Spaceでは、経験豊富な薬剤師が症状や体質に合わせ最適な漢方薬を処方いたします。漢方薬は即効性がないと言われますが、症状によってはすぐに効くものもあります。なお、長く放置した慢性的な症状は、悩んでいた期間が長いほど治療の日数がかかることがございます。
症状の重さに合わせた最適な漢方薬をご提案いたしますので、改善の効果は数日程度で現れ、お体に負担をかけることなく徐々に回復が期待できますので、安心して三鷹の当薬局へご相談ください。