TREATMENT

疾患別治療

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎には皮膚のバリア機能が低下したことによる皮膚疾患であり、乾燥、湿潤、紅斑、丘疹、苔癬化など多彩な症状を呈する。これらの病態を漢方の視点で解釈すると「燥邪(血虚、陰虚)、湿邪、熱邪、瘀血」といった具合に分類することができる。したがって、このような多彩な病態に対応する漢方処方として、「消風散(しょうふうさん)」を第一選択に用いることが多いように感じる。しかし、実際にそのような画一的な治療では臨床において、良い結果が出ないのである。それは、アトピー性皮膚炎は他の皮膚炎と違って、表面だけをみて病態を決めてはいけないからである。アトピー性皮膚炎は体内に目を向けて治療する必要があるからである。体の熱のコントロールと水分代謝の改善をベースとして、皮膚の状態を考慮しながら治療をすることで、寛解に向かわせることが可能である。

汎用処方

黄連解毒湯
消風散
十味敗毒湯
竜胆瀉肝湯
当帰飲子

CATEGORIES

皮膚疾患