月経前症候群(PMS)の漢方薬治療

月経前症候群(PMS)とは

月経(生理)前、3〜10日程続く精神的症状(イライラや落ち込み、不眠など)あるいは身体的症状(胸の張りや頭痛、むくみなど)で、月経が始まると軽減もしくはなくなるものを月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)といいます。

その中でも特に精神症状が主体で強い場合は、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)と呼びます。

PMSやPMDDの原因はよくわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられます。しかし、PMSを発症する人としない人がいるので、女性ホルモン以外の要因(ストレスなど)も多数あるとされています。

日本では月経のある女性の約70~80%が月経前に何らかの症状があり、生活に困難を感じるほど強いPMSを示す女性の割合は5.4%程度と言われています。PMSの度合いは個人差がありますが、毎月不快な思いをしながらが、生理がなくなるまで続くと考えると憂うつになってしまいます。

そのため、早めに対処することができれば、いつまでも不快な症状を引きずることもなくなり、快適な日々を送ることができます。

参考:「月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)公益社団法人日本産科婦人科学会

PMSの漢方薬治療

西洋治療では、は低用量ピルなどを用いて排卵抑制をします。これにより、女性ホルモンの変動を抑えることができ、PMSに伴う症状を軽減することができます。しかし、妊娠を希望する方や低用量ピルで副作用が出てしまう方には使用することができません。また、治療をやめると元の状態に戻ってしまいます。

そのため、病院でも当帰芍薬散や加味逍遥散、桂枝茯苓丸などの漢方薬が処方されることもあります。

しかし、PMSの症状は200種類以上と多彩であり、一律に治療をしようとしても効果が得られません。お悩みのPMSの症状、どのような体質を持ち合わせているかによって、どの漢方薬を用いるかが変わってきます。そのため、同じようなPMSの症状があっても漢方的な病態判断が異なれば、用いる処方も異なってきます。

その分、PMSのような不定愁訴は漢方薬と相性がよく、的確な処方を用いることで改善へと導くことができます。

PMSの病態は?

漢方の治療では、「気・血・水」を整えることが大事になってきます。PMSは精神面と肉体面に多彩な症状が出るため、気・血・水のどこを重点的に治療していくかを見極めて治療していくことがポイントとなります。これから、気血水の病態を一つずつ解説していきます。

気の異常

漢方でいう気には、①身体を動かすエネルギー源としての働き、②全身をめぐることで自律神経やホルモンバランスを整える働きの2種類があります。どちらも大事な働きで、気が不足してしまう「気虚(キキョ)」と気のめぐりの異常である「疏泄失調(ソセツシッチョウ)」のいずれもPMSの原因となりえます。

気虚(キキョ)
気が不足したことで、エネルギー不足におちいった状態です。そのため、生理前に倦怠感やだるさが出てやる気がなくなってしまう方に見られます。また、胃腸の昨日も落ちるため食欲も低下しやすいです。
疏泄(ソセツ)
疏泄とは「のびのびと広がる」という意味であり、樹木が天高く伸びていくように気血が全身をめぐっていくことを指しています。これにより、情緒が安定したり生理の状態を整えてくれます。そのため、生理前にイライラしたり胸が張って痛んだりする場合は、疏泄機能が悪くなっている(疏泄失調)可能性があります。

血(ケツ)の異常

血は血液とほぼ同じ働きをしており、全身に栄養を運んだり潤す作用があります。特に月経と血の関連性は深く、漢方で子宮のことを血室(ケッシツ)と呼び、子宮に血が満たされることで月経が整います。

そのため、血の異常はPMSを引き起こしやすいため、血の不足による「血虚(ケッキョ)」血行不良によって生じる「瘀血(オケツ)」がないか注意する必要があります。

血虚(ケッキョ)
血が不足すると、全身を栄養することができません。そのため、肌にも栄養がいかずにニキビや肌荒れを起こしやすくなります。また、血が少ないため脳や心を栄養することもできずに、精神不安や不眠症なども起きやすくなります。
瘀血(オケツ)
子宮周りの血行が悪くなった状態です。血のめぐりが悪くなると、血とともにめぐっている気のめぐりも悪くなってしまいます。また、身体の下部にある子宮で停滞が見られると、うっ滞して熱を生じ、頭部の方に上がってきます。これらにより、生理前にのぼせが強く出たりイライラしやすくなったりします。

水の異常

生理前になると、黄体ホルモンという女性ホルモンが増えて子宮に栄養をたくわえます。同時に水分も溜め込むことで来るべき出産に毎回備えています。しかし、その反動で過剰に水を蓄えてしまい、むくみが生じてしまう方もいます。

漢方では、不必要に溜まってしまった水のことを水毒(スイドク)と呼び、治療対象となります。

水毒(スイドク)
余分な水が溜まってしまった状態です。水毒は身体中の至る所に発生して、多彩な症状を引き起こします。足や顔、手に溜まれば、むくみ(浮腫)となって現れます。腸に溜まれば下痢となり、胃に溜まれば吐き気や食欲不振になります。頭部にたまると、頭痛やめまい、耳鳴りを生じます。

よく用いる処方

治療に用いる漢方薬は気・血・水を整えることで、ホルモンバランスや自律神経を改善していきます。そのため、PMSの治療は生理不順や生理痛の改善にもつながります。詳しくはこちらを参考ください。

参考
生理痛、月経困難症の漢方薬治療
生理不順(月経不順)の漢方薬治療

逍遥散(ショウヨウサン)
PMSのイライラや落ち込みなどの精神症状に用いる代表的な処方です。疏泄失調+血虚に対応することができます。緊張感がありイライラしたり落ち込んだりしますが、血が不足するため勢いは弱いです。生理前にイライラして過食してしまう人にも、適応となる場合があります。
加味逍遥散(カミショウヨウサン)
逍遥散に、熱症状を抑える牡丹皮(ボタンピ)と山梔子(サンシシ)を加えた処方になります。そのため、手足のほてりやのぼせをともなったり、神経がたかぶって眠れなくなったりする症状に用います。
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
血虚+水毒に用いる処方になります。血が少ないため血色が悪く、月経も遅れがちになります。同時に水毒があるので、生理前にむくみやめまいが生じやすくなります。普段からあまり運動習慣がなく、夕方になると脚がパンパンに腫れやすい方に効果的です。
桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
瘀血に用いる基本処方になります。子宮の血行不良により、生理痛が強くなったり、全身の血行不良も生じて、肩こりや頭痛、冷えのぼせなども生じることがあります。
芎帰調血飲第一加減(キュウキチョウケツインダイイチカゲン)
21味の生薬から構成されており、気虚、疏泄失調、血虚、瘀血に対応しているため、幅広く用いることができます。逆にいえば、どの症状にもマイルドに働くため、突出した病態がある場合は、他の処方を合わせるか、他の処方に切り替える必要があります。
抑肝散(ヨクカンサン)
疏泄失調+血虚に用いる処方です。イライラが強く、カッとなると青筋を立てて怒りをあらわにする人に用います。また、陽気が頭に上ってめまいや頭痛などを生じるものにも適応します。
補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
気虚+血虚の処方になります。普段から疲れやすく、生理前〜生理中に悪化し、貧血などを伴うものに用います。また、体力がないため体温調整もうまくいかず、生理前に微熱が生じる場合にも適応となることがあります。
柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)
「血の道症」と呼ばれる、女性ホルモンのバランスが乱れたことで生じる様々な症状に適応となります。小柴胡湯と桂枝湯を合わせた処方であるため、胃腸が弱く吐き気や食欲不振を生じやすく、疏泄失調による情緒不安定になりやすいものに用います。
女神散(ニョシンサン)
脚が冷えて、顔がのぼせるものに用います。特にのぼせ症状が強く、動悸、便秘、めまいなどがある時はこの症状が効果的です。加味逍遥散と使い方が似ていますが、大塚敬節先生は「来るたびに違うことを言うのは加味逍遥散、いつも同じことを言うのは女神散」という口訣を残しています。
参考:漢方処方ハンドブック(医学書院)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
出典には「狂の如し」と記載があり、以前は強い精神症状が現れるものに用いられていました。現在は、瘀血症状と生理前の便秘や強いのぼせ、めまいなどに用います。大黄(ダイオウ)、芒硝(ボウショウ)、甘草(カンゾウ)の調胃承気湯(チョウイジョウキトウ)で胃腸内のつまりを大便として排出し、桃仁(トウニン)で瘀血を解消し、桂枝(ケイシ)+甘草(カンゾウ)で気を巡らせることで、自律神経を整えて精神の安定や頭痛・のぼせを改善します。

どれくらい漢方薬を飲めば良いの?

PMSは生理前に起きるので、その時だけ漢方薬を服用すれば、改善できるというわけではありません。漢方薬は服用していく中で、徐々に効果を発揮していきます。そのため、初めのうちは月経に関係なく毎日服用します。

もし、体質に合っている漢方薬でしたら、1〜3ヶ月程で症状が軽減していきます(個人差はあります)。その後は、調子を見ながら服用を減らしていくか、しばらく同じ量で続けていくかを検討します。

PMSの症状が落ち着いたら、徐々に服用を減らしていき最終的には漢方薬の服用も終えることができます。当薬局では3〜12ヶ月程(服用を減らした期間も含めます)で服用を終える方が多いです。

まとめ

PMSは毎月起こる出来事ですので、症状が強いPMDDのような場合は生活の質をいちじるしく下げてしまうことになります。その不安が自律神経を乱して、さらに悪循環にハマってしまうこともあります。

漢方薬は西洋治療のようにホルモン剤だけにアプローチするのではなく、気・血・水と多角的にアプローチができます。そのため、個々人の状態に合わせた処方をご提案することができます。

もちろん、漢方薬だけでなく、「食事・睡眠・運動・ストレス管理」についても合わせて改善していくことも大切です。ぜひ早めに取り組んで、快適な生活を送れるようにしていきましょう。

ご予約はこちらから

漢方薬局 Basic Spaceでは、PMSをはじめとして、生理不順や更年期障害などの婦人科のお悩みも受け付けております。ご興味をもたれましたら、こちらよりご予約をお願いします。

記事の執筆者

三鷹の漢方薬局 Basic Space 今井啓太