生理不順(月経不順)の漢方薬治療

生理不順とは

生理(月経)とは1ヶ月程度で自発的に起こり、限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの周期的出血のことです。そして、正常な生理周期から外れたものを生理不順と呼びます。

正常な生理周期 ・生理周期は25〜38日の間 ・生理周期の変動が6日以内 ・出血持続日数3〜7日

そのため、生理周期が24日以内だったり39日以上である場合は生理不順となります。また、25〜38日以内に収まっていても、毎回生理周期が26日→38日→28日などとバラついていて、予測ができない場合も生理不順になります。しかし、生理はストレスや疲れなどちょとしたことでも乱れてしまうことはあります。ですので、一度周期が乱れても、連続して続かなければ過剰に心配する必要はありません。

頻発月経:生理周期が24日以内 稀発月経:生理周期が39日以上 無月経:月経がない状態 原発性無月経:18歳になっても生理が始まらない 続発性無月経:月経が3ヶ月以上停止している

最近はアプリでも月経管理ができますし、月経不順が続くと不妊症の原因になることもあるので、月経不順がある場合はまずは医療機関に行って子宮や卵巣の病気がないか調べてもらうことも必要です。

生理不順の漢方薬治療

生理不順を漢方ではどう考える?

現代の西洋医学の検査をもってしても、原因のはっきりしない生理不順に悩んでいる方も多いのが現状です。また、ライフスタイルの変化によって生活習慣が生理不順に影響を及ぼしているケースもあります。そのため、西洋医学では原因を突き止めることができない場合でもが、漢方では陰陽、気血水といった独自の視点を用いることで、病気の状態を特定することができます。

漢方では、身体の一部分を診ることはなく全体を診て総合的に判断しますが、生理不順の場合は特に血と関連が深いため、血に関する生理周期・生理期間・出血量・出血の色・基礎体温など、生理に関する情報がとりわけ重要になってきます。たとえば、血虚(血が不足した状態)では、生理を起こすのに時間がかかり、生理周期が延びやすく(稀発月経)、生理の期間も短めになります。同時に子宮だけでなく全身の血も不足するため、肌や髪などがパサつきやすく立ちくらみやめまいが起きやすくなります。

このように、生理の状態と全身の状態を総合することで処方が決まってきます。  

生理が早まるタイプ(頻発月経)

生理が2回以上、7日以上繰り上がるものを漢方では「月経先期」といいます。生理周期が早くなってしまうのは、体力がなく血をとどめておく力が弱っている(漏れ出てしまう)気虚(ききょ)のためか、血の勢いが強くて出血が始まってしまう血熱(けつねつ)のタイプがあります。

気虚(ききょ)

生理の色がうすく、サラッとしている。常に疲れやすいが、生理中はいっそうだるさがくる。色が細く便も緩くなりがち。

血熱(けつねつ)

出血量が多く、色は濃い紅色か紫色でネバっとしている。身体に熱を持ちやすく、顔がほてりじっとしていられない。口も乾きやすく、便秘がち。舌も紅色になりやすい。

生理が遅れる(稀発月経)

生理周期が1週間以上遅れ、ひどいと40〜50日周期に延長するものを漢方では「月経後期」といいます。生理周期が遅れてしまうのは、身体が冷えて血流が悪化したことにより、子宮に十分な血が集まらなくなって生じる血寒(けっかん)タイプか、疲労や術後やもともとの体質で血が少ないため、子宮に血を集めることができず、周期が遅れてしまう血虚(けっきょ)タイプなどがあります。

血寒(けっかん)

出血量は少なく、色は暗い赤色で血に塊が混じりやすい。お腹が冷えやすく、生理痛も強く出る。カイロやお風呂などで温めると楽になる。お腹だけでなく、手足も冷えやすい。

血虚(けっきょ)

血が少ないため、出血量が少なく色もうすい。シクシクとした弱い生理痛が続く。特に生理中はめまいや立ちくらみ、視界がかすんだり、肌が荒れやすくなる。

月経先後不定期(生理周期がバラバラ)

生理周期が一定せず、通常の生理より7日以上早くなったり、遅くなったりするものを漢方では「月経先後不定期」といいます。このような状況になるのは、疏泄失調(そせつしっちょう)と呼ばれるいわばホルモンバランスの変動が乱れた肝鬱(かんうつ)タイプか、慢性的な身体の疲労やもともとの虚弱体質により生命力がおとろえてしまった腎虚(じんきょ)タイプとがあります。

肝鬱(かんうつ)

ホルモンバランスが不安定で、出血量は多かったり少なかったりバラツキがある。出血に塊があったり、色が黒ずんでいることもある。お腹や胸が張りやすい。精神的にも不安定になりやすい。

腎虚(じんきょ)

生命力が乏しいので、出血量が少ない。色もうすく、サラッとしている。めまいや耳鳴り、腰痛や膝が弱りがち。

このように、生理周期の変動によってさまざまなタイプがあることをご紹介しました。しかし、ここで述べたことはあくまでも一般論で、実際の臨床ではもっと複雑であったり、別の原因であることも多々あります。

生理不順に用いる漢方薬

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血虚と呼ばれる血の不足、および水分が停滞している状態に用います。生理に必要な血に関する生薬である、当帰(トウキ)・芍薬(シャクヤク)・川芎(センキュウ)の三本柱が含まれており、子宮を温めて必要な血を供給してくれます。おまけに、生理前にむくみやすいような水分代謝が悪い方の水はけも良くしてくれます。婦人科でもよく用いられていますが、当帰芍薬散のタイプでないと効果は得られません。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

肝鬱(カンウツ)と呼ばれる、ホルモンバランスの乱れに用います。この処方を用いる方は、生理周期が乱れやすい傾向にあり、それとともに精神状態も不安定な傾向にあります。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

瘀血(オケツ)と呼ばれる、一種の血行障害に用います。瘀血特有の症状(出血に塊、色が黒ずんでいる、あざができやすいなど)がないと、効果が得られません。無月経など、強く血流を促したい時に用いることはあります。単独で用いるというより、他の処方と合わせて用いることが多いです。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)

血寒(ケッカン)と呼ばれる、身体の冷えによる血行障害の状態に用います。漢方では手足末端で冷えた血が血流を通して、子宮まで冷やしてしまうことで、生理不順を引き起こすと考えます。冷えの状態があることを確認して使わないと、効果はなく、冷えによって症状が悪化して、温めると症状が和らぐ特徴があります。

温経湯(ウンケイトウ)

冷え症だけど、手足は逆にほてりやすく、唇の乾燥、肌荒れ、下腹部のひえがある時に用います。

八味丸(ハチミガン)

腎虚(ジンキョ)と呼ばれる状態に用いる。もともとは排尿障害の治療薬として作られたものですが、転じて老化現象の諸々の症状に応用されています。ただし、実際の臨床においてはよくよく弁別して用いないと、効果は得られません。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

気虚(キキョ)と呼ばれる、エネルギーの不足した状態に用います。エネルギー不足になると、体力がなく疲れやすくなるばかり、血を作り出すこともできず、血を運ぶことができないため、生理不順になります。この処方は気を補うことで、生理不順を改善するのみならず、全身に活力をもたらしてくれます。

四物湯(シモツトウ)

血虚(ケッキョ)と呼ばれる、血の不足した状態に用います。血が少ないことで生じるめまいや立ちくらみ、肌や髪のパサつきなど、血虚症状を改善する基本処方になります。ただし、この処方を単独で用いることは少なく、他の処方と合わせて効果を発揮することが多いです。

十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)

気血両虚(キケツリョウキョ)と呼ばれる、気虚と血虚が合わさった状態に用います。身体全体が痩せ衰えて、疲れやめまいなどおとろえてしまった方の栄養を補う処方です。

帰脾湯(キヒトウ)

気血両虚に用います。十全大補湯と同じように用いることができますが、この処方は不眠や不安などの精神面のケアをするだけでなく、体力不足による不正出血などにも応用されます。

芎帰調血飲第一加減(キュウキチョウケツインダイイチカゲン)

四物湯を含んでおり、これに瘀血を改善する桃仁(トウニン)、牛膝(ゴシツ)、延胡索(エンゴサク)や気鬱(キウツ)を改善する香附子(コウブシ)、烏薬(ウヤク)などを配合しており、さまざまなタイプの病状の方に用いることができます。ただし、薬味が多いので切れ味は鈍いので、特に生理不順の原因となっている病態に合わせた処方を併用して用いるのが望ましいです。

おわりに

生理不順は多くの女性が悩まされているのですが、あまり人と比較ができないため、そのまま放置されがちです。しかし、男性と違い女性は毎月の生理状態が現在の身体の健康状態を映し出すバロメーターになります。漢方では生理状態が悪いということは、身体全体の健康状態にも影響を及ぼしていると考えます。一度ご自身の生理状態を見直していただき、もし異常があれば改善していきましょう。

①生理周期の日記をつける
現在は便利なアプリもあるので、スマホに記録するのも良いでしょう。
②基礎体温をつけましょう
もし、妊娠を希望している方は漢方では基礎体温も参考になるので、つけてみましょう。
こちらも便利なアプリがありますので、スマホ管理でも良いでしょう。
③生理周期や生理に異常があれば、まずは産婦人科へ
1度や2度くらいの生理不順であれば、様子見でも良いかもしれません。ですが毎月生理不順や生理にまつわるトラブルがある場合は、まず産婦人科で子宮や卵巣に異常がないか調べてもらいましょう。
④漢方薬やピルなどで改善していきましょう
子宮や卵巣に異常があった場合でもなかった場合でも、漢方薬を使うことができます。お気軽にご相談ください。
⑤生活習慣を見直しましょう
生理不順は生活習慣の影響を受けます。食事や睡眠、ストレス、運動など、改善していくことも必要です。

当薬局では、個々人の状態に合わせた漢方薬のご提案と場合によっては生活習慣のアドバイスもさせていただきます。ゆっくりと時間をかけて、カウンセリングをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

ご予約お問い合わせはこちら

なお、遠方で来局が困難な方や忙しい方、体調が悪くて来店が困難な方でも、ご自宅でも安心してご利用できるようにオンライン漢方相談を実施しております。ぜひ、ご利用ください。

オンライン漢方相談