BLOG

ブログ

other

のどの痛みの漢方薬 桔梗湯(ききょうとう)

昨日から気温が下がってきて ようやく秋っぽくなってきました。 朝晩は冷え込みが強くなってきて、 体調を崩している人もいるかもしれません。 風邪の前兆は人のよって現れ方が異なっており、 鼻水、頭痛、だるさ、寒気など有りますが、 のどの痛みが生じる人が多い印象を受けます。 そのため、 早めに対処して風邪を予防す...

other

医者が教える食事術2 実践バイブル 八味丸は効かない?

最近は健康ブーム、 なかでも糖質制限が注目を浴びており、 糖質の過剰摂取を控えようと呼びかける 書籍が多数並んでいます。 この本も食事とりわけ糖質にまつわるエビデンス を取り上げています。 ご興味のある方はご一読ください。 詳しい内容は個々人読んでいただくとして・・・ 気になったのは漢方薬についての記述です...

other

免疫力が落ちる原因と漢方治療

「最近風邪を引くようになった」 「花粉症がひどくなった」 という方がよく口にするのが 「免疫力が落ちたわー」 です。 皆さんも一度は他人から聞いたり、 自分で口にしたことがあるのでは? 僕自身は漢方薬を専門に取り扱っており、 風邪や花粉症もほとんど縁がないのですが、 患者さんや周りの方が口にするのを耳にしま...

other

体を温める食べ物と体を冷やす食べ物はどうやって見極めるの?

中医学では、食べ物が各臓腑に該当して、 各臓器を栄養したり、摂取しすぎで損傷をしたりするとされています。 そしてもう一つ。 それぞれの食材が温める性質があるのか 体の余分な熱を冷やす働きがあるということで 温性・涼性の分類がなされています。 例えば、わかりやすいのがお酒。 冷たいビールを飲んでも、 最初は体...

other

複数病理ある漢方治療について

患者さんの病態が複数ある時には 同時に治療するか、別々に分けて治療するかを考えます。 その際に同一方向性の病態であれば、一気に治療をしますが、 同一方向性にない病態である場合は、 別々に分けて治療します。 例えば、カレーライスとケーキを食べたいとします。 その時はだいたいの方は カレーライスを最初に食してか...

other

腎虚の治療で滋養強壮できるのか?

中医学は五行理論に基づいて診断・治療を行います。 人の内臓については、 五行(肝・心・脾・肺・腎)に分担され、 各々の臓器で役割を担っています。 各臓器の詳細は省きますが、 その中で、 中医学の腎の働きについてみてみると、 「腎は精を主り、発育・生殖を主る」 「腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通ず」 とある。 ...

other

病気の訴えをする時のポイント

体調が悪くて、 病院や漢方薬局に出掛けても、 思ったように医師や薬剤師の方に 自分の症状が伝わらない、、、 なんてことはありませんか。 医師や薬剤師の聴く力の問題も もちろんありますが、 患者さんご自身も伝え方を工夫するだけで、 より正確に情報を使えることができます。 正確に情報が伝わることで、 診断の精度...