web予約
LINE予約
電話

養生

口内炎は体調のバロメーター

私事ですが、先日久々に口内炎ができてしまいました。

ここのところ、ストレスのかかることや

睡眠が不十分であったなと、省みているところです。

私は睡眠不足になると、

てきめんで口内炎ができます。

口内炎は私にとって、体調を知る数少ない

バロメーターになっています。

口内炎の漢方治療の症例はこちらから

口内炎がすぐに出来てしまう人の漢方薬 症例

睡眠不足になると、

食生活も乱れやすくなると言われています。

普段より過食になったり、

ジャンキーな食べ物に手を出しやすくなります。

私にとっては口内炎が一つの体調を知るバロメーターですが、

皆さんはなにかありますか。

これは一つもっておくと

自分の体調が今どんな状態なのかを知ることができます。

女性でしたら、生理の状態かもしれませんし

肌ツヤや髪のパサツキ、メンタル不調など、

他にも胃腸症状(下痢、便秘、吐き気、胃もたれ・・・)など、

人によって現れる症状は様々です。

体が弱い、すぐ体調を崩す人ほど、

変化に敏感で憂鬱になるかもしれませんが、

反対に言えば、重症になる前に

体からのシグナルを受け取ることができている

と言えます。

皆さんも一度自分の体調について

振り返ってみてはいかがでしょうか。

今井 啓太

今井 啓太

薬剤師。1984年生まれ。名古屋市立大学、大学院を出た後、大手医薬品卸会社に入社。営業所の管理薬剤師として、西洋医学を中心に知識を深める。その後、調剤薬局勤務を経て、漢方薬局 博済に勤務。福島毅先生より、中医学理論及び漢方の臨床について学ぶ。その後、漢方コラージュの戸田一成先生より漢方経方理論を学び、実践への礎を築く。2016年、三鷹にて漢方薬局 Basic Spaceを開局。

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 症例46 気候の変動や忙しさによる下痢・嘔吐

  2. 症例45 春先のめまいに釣藤散

  3. 症例44 頭重感と首の痛みに柴胡疎肝湯

おすすめ記事