症例紹介

症例4 産後の胃痛と下痢

20代女性

1ヶ月前から食後の胃痛と腹痛、さらに悪心が出現。

痛み方は絞られるような感じ。

食べると下してしまい、1日5〜6回程の下痢便。

そんなわけで、食欲も低下して胃も使える。

冷えはない。

もともとストレスに弱く、

産後で里帰りや子育てで疲れも出ていたのが、原因っぽい。

授乳中で病院の薬も使いづらいので、

漢方薬を希望。

疲労感とストレス、

胃腸症状ということで、

処方:桂枝加芍薬湯+人参 7日分

シナモンが苦手で飲みづらいが、

効果てきめん。下痢もすぐに落ち着き、

痛みも軽減。

その後、香砂六君子湯に変更して7日分。

症状も落ち着いたので廃薬。

産後は体調が大きく変化し、

エネルギー不足を起こしがち。

さらに、外部要因などのストレスも加わって、

体調を崩しやすいです。

病院の薬も使いづらい点、

漢方薬は効果的かと思います。

今井 啓太

今井 啓太

薬剤師。1984年生まれ。名古屋市立大学、大学院を出た後、大手医薬品卸会社に入社。営業所の管理薬剤師として、西洋医学を中心に知識を深める。その後、調剤薬局勤務を経て、漢方薬局 博済に勤務。福島毅先生より、中医学理論及び漢方の臨床について学ぶ。その後、漢方コラージュの戸田一成先生より漢方経方理論を学び、実践への礎を築く。2016年、三鷹にて漢方薬局 Basic Spaceを開局。

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。