養生

ニキビ対策に良い生活習慣(4つ)

最近、ニキビの相談が多くなってきています。

ニキビは西洋薬でもたくさんの種類が出ているのですが、

なかなか効果が実感できないと言う方もいらっしゃいます。

ひょっとしたら、その薬が合っていないだけかもしれず、

他の薬に変えたり、治療を変えることで効果を発揮することも

あります。

とはいったものの、

薬だけでなく、日常生活で自分で改善できる方法はないか

知りたい方もいらっしゃるだろうし、

薬と併用して、より早く解決したい方もいるでしょう。

今回は日常生活で押さえておいて欲しい、

ニキビ対策について、お話しします。

この対策をしたら絶対にニキビが治る保証は

ありませんが、心掛けていただけると、

ニキビ以外にも、体全体にも良い作用があるので、

試していただければと思います。

ニキビができる原因としては

①毛穴の目詰まり

②皮脂の分泌が過剰

これらによって生じます。

よく患者様から、

「ニキビに良い化粧水などはありませんか」

と聞かれる事があります。

ニキビは皮膚疾患であるので、

どうしても塗り薬や普段使っている化粧水などに

目を向けてしまいますが、

ニキビの根本的な原因は体内にあります。

従って、いくら外から治療を行っても効果が薄い場合が多く、

体内環境を整えることも大切になってきます。

あくまでも化粧水などの外からのケアは

保湿をメインにしていただいて、

乾燥による皮膚のバリア機能を低下させない事が

一番の目的になります。

そうなってくると、

日々の生活になんかしらの不調があることによって、

ニキビを発生させてしまっている可能性もあり得ます。

西洋薬にしろ漢方薬を使うにしても、

生活習慣を改善することはとても重要です。

そこで、ニキビ対策に必要な、

生活習慣についてご案内します。

①睡眠

なににおいても一番大事なのが、睡眠になります。

当たり前すぎることですが、あえて書きます。

知っていることと実践できているかは、別だからです。

睡眠中に成長ホルモンが出て、肌の再生をしてくれます。

睡眠時間が短いと肌荒れしたり、

化粧の塗りが悪くなってしまう方は、

まさにニキビを発生させてしまいやすい環境が

出来ていると言うことです。

睡眠不良がある方は、ニキビ治療と同時に

睡眠改善も行っていく必要があります。

②食事

これも言わずもがなですね。

よく聞かれる質問になります。

最近は腸内細菌がクローズアップされていますが、

腸内環境の悪化が皮膚にも影響している事が

明らかになっています。

では、なにがダメなのでしょうか。

・精製された糖(お菓子やジュースなど)

・乳製品

・小麦などの穀物(パスタ、パンなど)

・脂肪分の多い食事(ファストフードやマヨネーズ、スナック菓子など)

・チョコレート(カカオが合わない人も)

です。

こうしてみると、どれも簡単に手に入り易く、

なおかつ、人が至福を感じやすい食べ物ばかりです。

これも言うはやすし、行うは難し。

反対に腸内環境にとってよろしいのが

野菜です。

上記の食品を減らして、

野菜を多く摂ることを意識してください。

③生理前

男性には関係がありませんが、

女性の場合は、生理前になると

ニキビが出来てしまうという方は非常に多いです。

ホルモンバランスの乱れが、

皮脂の分泌を促してしまうのでしょう。

肌症状以外にも、PMS(月経前症候群)が出やすい方は

要注意です。

ニキビ治療だけでなく、

生理を安定させると、ニキビが悪化しにくくなります。

この辺りは漢方薬を併用するのがよろしいと思います。

④ストレス

これも言わずもがなですね。

ストレスホルモンが肌に影響を与えてしまい、

肌の状態を悪くしてしまいます。

おまけにストレスがかかっていると、

ついつい食に走ってしまう方も少なくはないはずです。

でも、ストレスで肌が悪化するなと

自分で認識できるようになれれば、

対策をしっかりすれば、

ニキビ対策になるからです。

ストレス対策は人によって様々かと思いますが、

普段から、ストレスが溜まった時にやることリストを

作っておくと、いざという時に効果を発揮してくれます。

それも一つや二つだけでなく、

10〜100個くらいと多めに作っておくと、

(暴飲暴食は除いてくださいね)

色々と試す事ができるので、オススメです。

ちなみに私のストレス対策でオススメなのは

睡眠です。

私の場合は、基本的に疲れている時に

ストレスがたまりやすいとわかったので、

寝てしまえば、疲れも取れるし、

もちろん肌にも良いし、

無駄に食べてしまうことも防げます。

他にも運動や歌うなど、

体を動かすのもオススメです。

ぜひ、生活に取り入れてみてください。

今井 啓太

今井 啓太

薬剤師。1984年生まれ。名古屋市立大学、大学院を出た後、大手医薬品卸会社に入社。営業所の管理薬剤師として、西洋医学を中心に知識を深める。その後、調剤薬局勤務を経て、漢方薬局 博済に勤務。福島毅先生より、中医学理論及び漢方の臨床について学ぶ。その後、漢方コラージュの戸田一成先生より漢方経方理論を学び、実践への礎を築く。2016年、三鷹にて漢方薬局 Basic Spaceを開局。

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。