TREATMENT

疾患別治療

生理痛

生理痛はないのが正常です。毎回生理の度に鎮痛剤を服用している方は要注意です。生理痛が辛い人は子宮筋腫や子宮内膜症などの可能性もあるので、一度産婦人科で検査してみることをお勧めします。鎮痛剤は確かに痛みを軽減させるのには効果的ですが、一時しのぎに過ぎません。さらに鎮痛剤には解熱作用もあるため、冷え症の方が服用すると体温低下により、冷えを助長してしまいます。そのため、毎月繰り返し服用しなければならず、根本的な解決には繋がりません。

漢方治療

漢方薬では鎮痛剤のような一時しのぎではなく、痛みを起こしている原因に着目します。痛みが血行不良(「瘀血(おけつ)」)なのか「子宮筋の過剰収縮」なのか、「冷え」によるものか、などなど細かく診断していくことで、病態が浮き上がってきます。また、痛む時期が月経前、月経開始時、月経後期なのか、痛み方(針で刺される痛み、締め付けられる痛み、シクシクとした鈍痛など)などにより、生理痛の原因を探っていきます。

桂枝茯苓丸
生理痛といえば、と言われるくらい多用されている処方です。漢方的には「瘀血(おけつ)」と言われる病態で、あざができやすかったり唇や舌が青紫色を呈しており、出血に塊が多数混じるなど、典型的な症状が現れる。

折衝飲
桂枝茯苓丸より「瘀血」の度合いが強く、血の不足がある場合に用いる。もともと産後の悪露を目的として使用されていたが活血作用が強く生理痛にも応用されるようになる。

当帰建中湯
比較的体力がなく、虚弱体質傾向にあるものに用いる。また、子宮筋の緊張が強いものにも有効である。体力をつけながら生理全般を安定化し、生理痛を軽減する。

当帰四逆湯
寒い環境で仕事をしなければならなかったり、体が冷やされて血流障害を起こして生じる生理痛に有効。「カイロ湯」とも呼ばれ、ホッカイロをお腹に当てているように、体の中かた温めて生理痛を改善する。

当帰芍薬散
『金匱要略』の婦人病の腹痛に用いるとされる処方。血流を改善しながら水分代謝も同時に改善する処方。子宮筋を和らげて痛みを取り、生理前後で水分が貯留して生じるむくみやめまいにも効果がある。

逍遥散
イライラや落ち込みなど、生理前の情緒不安を改善するのが主目的であるが、体の緊張感や生理周期を整える作用もあり、生理痛改善効果が期待できる処方。

CATEGORIES

婦人病