BLOG

ブログ

最近は健康ブーム、

なかでも糖質制限が注目を浴びており、

糖質の過剰摂取を控えようと呼びかける

書籍が多数並んでいます。

この本も食事とりわけ糖質にまつわるエビデンス

を取り上げています。

ご興味のある方はご一読ください。

詳しい内容は個々人読んでいただくとして・・・

気になったのは漢方薬についての記述です。

今回はこの部分のみを取り上げてみます。

この著者が八味丸を痺れに使ったが効果がないと言うもの。

確かに漢方薬のエビデンスは乏しく、

実際に八味丸を痺れに使っても効果がない・・・

というのも納得がいくこともあります。

痺れの治療は難しく

手術や西洋医学で処置しても痛みは取れても

痺れは残ってしまう場合もあります。

漢方薬も同様です。

痛みが改善できても、

痺れの治療はうまくいかないことがあります。

それだけ痺れを取るのは困難です。

では、八味丸は痺れは効くのでしょうか?

答えは効く時もあれば(まれに)

効かない時もあります。

(*ただし効く場合は少ないのではないかと)

答えになっていませんが、

痺れに用いる漢方薬は

八味丸以外にも牛車腎気丸、桂枝加朮附湯、

当帰四逆湯、疎経活血湯、独活寄生湯、五積散

など多数あります。

八味丸が適応する病態

虚労(中医学では腎陰陽両虚)に該当する場合に

初めて効果が発揮されます。

そうでない場合に八味丸を用いても

効果がありません。

*八味丸は胃に負担がかかるので、胃腸が弱い人は注意!

この著者の言うように安易に漢方薬を使うのも考えものです。

八味丸が適応する痺れは非常に限定的ですので、

痺れにはほぼ使うことはありません。

反対にその人の病態にあった漢方薬を用いると

痺れを軽減することも可能です。

ただし1〜3ヶ月漢方薬を服用しても、

変化が見られない場合は漢方薬での治療は

難しいでしょう。

西洋医学や手術をしても痛みや痺れが改善されない場合は

ご相談ください。

痛みに関するご相談例

https://basicspace-kampo.com/voice/

関連記事一覧