BLOG

ブログ

母乳を増やす漢方薬、母乳を止める漢方薬について調べてみた

先日、こんなお問い合わせが。

お客様「そちらに母乳を止める薬はありますか?」

私「えっ⁈(とっさの事に同様)うちにはないです(汗)」

  

ちょうどドタバタしている時間帯だったこともあり、

反射的に返してしまいました。

 

その後一段落してから冷静に考えると、

もっとしっかりと話を聴いておくべきだった、

浅はかすぎる考えだったかも、、、

と思い、改めてちゃんと調べてみる事にしました。

 

母乳はいつまで出るのか?

★漢方では体が丈夫であればあるほど、母乳は出る

母乳はいつまで出るのかについては、

様々なところで述べられているので、

漢方的な解釈で解説します。

漢方では「母乳=気血の変化したもの」と考えられます。

 

『諸病源候論』巻之四十四

「産後血液と水分が失われるけれど、

血液旺盛な者は水分も旺盛である。

そのため、乳汁が多く溢れ出てくるのである」

『校注婦人良方』巻之二十二産後乳少或止方論第十一

「婦人の乳汁は気血が変化したものである。もし元気がなければ、

乳汁は少なくなる、初産で乳房が張るのは、乳が通じていないのである。」

と記載されています。

 

確かに血液と母乳は色が全く違うのだけれども、

血液が乳まで栄養を運んで、

母乳が作られると考えるとわかりやすいですね。

 

したがって、血流がよく栄養がしっかり整った体の人

(元気な人程母乳は出るという事です)

当たり前と言われれば当たり前なのですが・・・

産後は体力がガツンと落ちやすい時期なので、

食事・睡眠はより一層大事になってきます。

 

母乳を増やす漢方薬と減らす漢方薬

 

★母乳を増やす=気血を補う漢方薬、血流改善、(乳腺炎の治療)

★母乳を止める=気血を補う漢方薬、ホルモンバランスの安定

 

では、漢方薬ではどうやって治療をしていくか?

これについてまとめます。

 

母乳を増やす漢方薬

 

①体力低下による場合

母乳は「血」の一部であることを考えると、

シンプルに「血」を増やす漢方薬を用いるのがベストです。

出産には大量のエネルギーを消費します。

分娩時に出血過多になったり

さらに子育てで十分な食事や睡眠が取れない、

もともと体が丈夫でない人は、

母乳の元となる気血を生み出すことだできず、

母乳が出なくなってしまいます。

従って、漢方薬で胃腸を底上げして、気(エネルギー)や潤い分(水)、

血を効率的に生み出せるようにしていきます。

<気・血・陰を補う処方>

・八珍湯(はっちんとう)

 血を補う四物湯(地黄・当帰・芍薬・川芎)と

 気を補う四君子湯(人参・朮・茯苓・甘草)を

 組み合わせた処方。

 もともと体力があるもの、一時的に体力不足に陥った時に用いる。

・温経湯(うんけいとう)

 産後で失った血や体液などを豊富に含んだ処方。

 さらに胃腸の状態も改善する作用があるので、

 幅広く用いることができる。

備考:

乳腺炎の治療はこちら

 

②血行不良による場合

産後は体調変化や環境変化により、

ストレスを抱えやすい時期です。

このストレスにより、気血の巡りが悪くなると、

乳房に良質な血液が送られず、

母乳が出なくなってしまいます。

ストレスを解除して気血を巡らせることで、

乳房の張りを取り除き、

母乳を出やすくさせます。

 

<処方>

・加味逍遥散(かみしょうようさん)

 イライラや落ち込み、抑うつなどの精神症状に用いる代表処方です。

 精神症状だけでなく、気血を巡らせて詰まりを取り除きます。

 

母乳を止める漢方薬

 

母乳がたっぷり出るのはとても素晴らしいことです。

なぜなら母乳はお子様にとっての最高の栄養になるからです。

ですので、お母さんの体がしっかりしていて、

病的に母乳が出ているわけではない場合は、

治療の対象となりません。

 

では、どんな時に治療となるのでしょうか?

 

考えられる原因は2つあります。

①体が弱り母乳を止める力が落ちている

②ホルモンバランスが崩れて母乳の出す量が狂ってしまう

 

一つずつ見ていきます。

 

①体力低下による母乳が出すぎてしまう場合

あれ・・・?さっきは体力低下の場合は

母乳が作られないから、出なくなるって書いてなかったっけ?

 

そうでしたよね。

気血の低下は母乳の低下に繋がります。

 

確かに母乳の生成量は低下するのですが、

それでもある程度は作られます。

しかし、出すぎてしまう場合は、

ギュッと引き締める力が落ちてしまった場合です。

 

例えば、おじいちゃんが尿のキレが悪くなって、

尿漏れをしてしまう場合を想像してもらえると

わかりやすいでしょうか。

この場合も決して小便量が多いわけではないけど、

尿をピタッと止める(出し切る)力が弱ったことで、

漏れ出てしまいます。

 

母乳でも同じように、出し切るもしくは止める力が

弱っているので、ダラダラと出てしまいます。

 

このような場合も体力を補いながら、

母乳が過度に出過ぎないように、

引き締める処方を用います。

処方は全く同じになります。

 

<処方>

・八珍湯(はっちんとう)

・温経湯(うんけいとう)

 

②ホルモンバランスの異常による母乳過多の場合

本来は出産後に出る母乳も妊娠中に出てしまったり、

色が濃くどろっとした母乳が多量に出る場合は、

ホルモンバランスが不安定で母乳のコントロールが

できていないと考えられます。

このような場合は、メンタルに不調が出やすく、胸も張って痛く、

体温調節も乱れて、ほてったり寒くなったりとします。

この場合も先ほどの血流を改善する処方と同じ処方になります。

 

<処方>

・加味逍遥散(かみしょうようさん)

(その他の治療法)

・麦芽(ばくが)

 大量の麦芽(30-60g)には回乳作用<乳を回(かえ)す>があり、

 乳汁分泌を抑制すると言われています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

母乳について漢方薬での捉え方について、

少しでもご理解いただければ幸いです。

 

まとめますと、母乳が出やすい出にくいは共に

著しい体力の低下、血行不良、ホルモンバランスの乱れ

これらによります。

 

生活習慣の見直しを図ると共に

どうしてもそれでは改善しない場合は

一度お近くの漢方専門の医療機関に

ご相談ください。

 

参考文献

・中医婦人科学

・諸病源候論 巻之四十四(産後乳無汁候・産後乳汁溢候)

・校注婦人良方 巻之二十二(産後乳少或止方論第十一)

・景岳全書 巻之三十九(乳病類)

関連記事一覧