BLOG

ブログ

漢方とは人を診る医学である

ありのままに人を診ること。

これほど難しい事はありません。

 

漢方を通して患者さんを診ていると、

どうしても病気にばかり目が向いてしまいます。

同様に患者さんをきちんと治せていない時も

病気に目を向いている時です。

 

おかしな話に聞こえるかも知れませんが、

経験として実感します。

 

病気に目を向ける事は大切なのですが、

漢方の根本的な考えは「人を診る」ことにあります。

 

かといって、よくあるような

タイプ別診断で明確に人を分類することもできません。

全てグラデーションになっており、

その微妙な濃淡を見極めることが大切です。

 

これはいくら経験を積んでも、

なかなかたどり着ける境地にはないかも知れませんが、

常に意識しておかなければならないような気がします。

 

焦って結果を追い求めようとすると、

人を診れなくなってしまう。

 

いつだってシンプルで、

この人は何が足りていなくて、

何が余分にあるのか、

自戒を込めて記しました。

関連記事一覧