BLOG

ブログ

idea

症例32 小児アトピーに黄連解毒湯

病態の把握。 きちんと見極めることができれば、慢性的な病気でも漢方薬で素早く改善へと導くことができる。 今回は病態把握を誤ってしまい、治療に時間をかけすぎてしまった症例となる。 症例 10歳 女性 アトピー性皮膚炎 小さい時からアレルギー持ちで、アトピーに苦しんでいた。 ステロイド剤を使いながら、なんとか状...

idea

症例31 のどのつまりと食いしばり

漢方では定番とされている症例になるが、あえて取り上げてみた。 いまいちど基本に立ち返り、処方や病態を深掘りしてみようと思う。 症例 40代 女性 喉のつまり ここ最近、日中に喉がつまったような違和感が生じ始める。 のどに痰が絡んでいるわけでもなく、咳払いをしても解消れない。 咽喉に病気があるわけでもなく、特...

idea

症例28 全身状態と患部の状態のどちらを優先すべきか

「漢方で体質改善」 よく目にする言葉である。 実際に私も患者様に説明するときに、わかりやすいように口に出すこともある。 しかし、体質改善とはいかなるものなのか。 さらっと説明すると、患者様がもっている体質、ここでいう体質とは漢方の理論で見た時に、正常から逸脱した状態、これを改善して整えていくことが、体質改善...